認印で出来ないこと


ちょっとした書類の確認や配達の受取のサインなど、生活のなかでもっともよく使う印鑑である認印ですが、注意すべき点がいくつかあります。まず、認印でも三文判を使う場合とシャチハタを使う場合があります。基本的に簡単なサインとしての目的ならどちらでも問題無いのですが、シャチハタが不可となっているようなケースもあります。いつもシャチハタを認印として使っているという方は、求められている印鑑の種類によく注意して用意しておきましょう。求めやすい値段で揃えられるのでシャチハタ、三文判と両方用意しておけば安心でしょう。

また、認印はあくまで簡単な書類の承認や、目を通したことの証しとして使われるため、実印とは違い法的な本人証明の効力を持ちません。実印が必要な場面で、うっかり間違えて認印を用意するといったことの無いように、実印と認印で同じデザインのものを用意しないようにするとよいでしょう。

認印それ自体には基本的に本人を証明する法的な効力は無いですが、だからと言って何にでも気軽に押印していいというわけではありません。押印したことで思わぬ法的効力が発生してしまうというケースもあります。認印と言えど、使用する際に充分に気を付けて押印しましょう。


認印の買い方


日常生活の中で認印を求められることは多いですが、よく使う印鑑なだけにとっさに必要となることも多いでしょう。買い求めやすさに関しても、最近では100円均一のショップやデパート、コンビニなど印鑑の専門店などでなくても取り扱っているところが増えました。名字などによっては在庫が無くなっていたり、シャチハタしか取り扱っていなく用途に合わなかったりといった思いをした経験のある方もいるのでは無いでしょうか。

今の時代では多種多様なものがネットショッピングなどの通販で購入できますが、印鑑に関しても例外ではありません。特に認印に関しては実印や銀行印に比べて気軽に購入できるため、認印を通販で買う人は増えているようです。

ネットショッピングなどで買うことのメリットとしては、印鑑を買いに出かけたのに在庫が切れていたなどといったことが無いということです。どうしてもこの日に必要といった場合にネットショッピングですと在庫の確認や配達日などが明白なため、利用しやすいでしょう。またデザインもさまざまなものから選べるので家にいながらお気に入りのものを簡単に探せますし、会社によっては送料無料、即日配達などのサービスを行っていることも魅力です。

参考資料・・・印鑑通販ショップ<いいはんこや>


認印の印鑑を選ぼう


学校や会社で印鑑を求めらているけど手元に印鑑が無く買わなければならない、印鑑を買うのに種類が多くてどれを選んでいいのかわからない、そもそも印鑑ってどこで売っているのかよくわからないといったような印鑑に関する疑問を持っている方も多くいらっしゃるようです。印鑑は私達にとって社会生活を送る上でとても重要で身近なものですが、印鑑の知識についてはあいまいで今まで生きてきたという方は多いのではないでしょうか。

一般的に言えば、私達が生活の中で押す印鑑の大部分を占めるのが認印と呼ばれる種類のものです。印鑑には大きく分けて実印、銀行印、認印の3種類があり、重要度で言えば認印が一番低いと言えます。ですが一方で押印する機会の最も多いものであるとも言えるので認印についての知識を持っておいて損はないのです。

いざ認印が必要となったとき、部屋の中を探しても印鑑が見当たらないといったこともあります。そんなとき、すぐに買えるはんこ屋が近くにあればいいのですが、時間的に閉まっていたり、自分の名字の印鑑が在庫切れしていたりといったこともあります。最近では通販サイトを利用して気軽に印鑑を買える時代になりました。即日発送や送料無料などのサービスを上手く使って購入する人が増えているのです。

当サイトではこれから印鑑を買おうといった方や印鑑についてもっと知りたいという方に向けて役立つ情報をお伝え致します。印鑑の種類についてや、印鑑の購入方法、そして注意点などについて触れていきます。ぜひお役立て下さい。


認印とは


認印とは他人が作成した書類、文章などに目を通した証しとして印を押すこと、その印のことを言います。主に意思確認や承認の証しとして使うため、会社の書類や学校の書類、配達員に求められるものなど、日常生活の中でも最もよく使う印鑑と言えます。三文判やシャチハタが認印として使われます。印鑑には他に実印、銀行印などの種類があります。実印は区役所役場などで印鑑登録を行って本人であることの証明として使える印鑑のことです。公的な場面で使えるため、不動産、ローン契約書などの重要な書類で使えるものです。銀行印は銀行に届ける本人証明のための印鑑です。上記2種類の印鑑は基本的に1人につき一つしか持てないものです。

一方で認印はこれらに比べてもっと気軽な場面で使用するため、購入の機会も多いかもしれません。日常生活の中で使用する頻度としても最も多いと言えるでしょう。法的な効力が無いものではありますが、日常生活でよく使うものであるためどのようなデザイン、材質のものを選ぶかでその人の性格などが表れやすいものと言えるかもしれません。ちょっとした契約書や宅配便の配達など、日常の場面でよく使う認印ですから自分の好みに合った印鑑を選びたいものです。