認印で出来ないこと


ちょっとした書類の確認や配達の受取のサインなど、生活のなかでもっともよく使う印鑑である認印ですが、注意すべき点がいくつかあります。まず、認印でも三文判を使う場合とシャチハタを使う場合があります。基本的に簡単なサインとしての目的ならどちらでも問題無いのですが、シャチハタが不可となっているようなケースもあります。いつもシャチハタを認印として使っているという方は、求められている印鑑の種類によく注意して用意しておきましょう。求めやすい値段で揃えられるのでシャチハタ、三文判と両方用意しておけば安心でしょう。

また、認印はあくまで簡単な書類の承認や、目を通したことの証しとして使われるため、実印とは違い法的な本人証明の効力を持ちません。実印が必要な場面で、うっかり間違えて認印を用意するといったことの無いように、実印と認印で同じデザインのものを用意しないようにするとよいでしょう。

認印それ自体には基本的に本人を証明する法的な効力は無いですが、だからと言って何にでも気軽に押印していいというわけではありません。押印したことで思わぬ法的効力が発生してしまうというケースもあります。認印と言えど、使用する際に充分に気を付けて押印しましょう。