認印とは


認印とは他人が作成した書類、文章などに目を通した証しとして印を押すこと、その印のことを言います。主に意思確認や承認の証しとして使うため、会社の書類や学校の書類、配達員に求められるものなど、日常生活の中でも最もよく使う印鑑と言えます。三文判やシャチハタが認印として使われます。印鑑には他に実印、銀行印などの種類があります。実印は区役所役場などで印鑑登録を行って本人であることの証明として使える印鑑のことです。公的な場面で使えるため、不動産、ローン契約書などの重要な書類で使えるものです。銀行印は銀行に届ける本人証明のための印鑑です。上記2種類の印鑑は基本的に1人につき一つしか持てないものです。

一方で認印はこれらに比べてもっと気軽な場面で使用するため、購入の機会も多いかもしれません。日常生活の中で使用する頻度としても最も多いと言えるでしょう。法的な効力が無いものではありますが、日常生活でよく使うものであるためどのようなデザイン、材質のものを選ぶかでその人の性格などが表れやすいものと言えるかもしれません。ちょっとした契約書や宅配便の配達など、日常の場面でよく使う認印ですから自分の好みに合った印鑑を選びたいものです。